Vol.10 (画面デザインと創作性)

不服2014-26812

f:id:otamarur_taichi:20181016235956p:plain

f:id:otamarur_taichi:20181017000020p:plain

  1. 結論

創作容易でないとして登録(3条2項非該当)

 

  1. 概要

コンテンツアイコンが表された各領域の長方形の形状及びその配置の仕方は引例にある通りありふれており、創作容易である。

一方、長方形の各領域はそれぞれのコンテンツアイコンの上方部のみを表すためのものであり、この特徴は引例に示されていない(引例では、長方形部がそれぞれのコンテンツアイコンの全体を表示するためのものにすぎない。)。したがって、この点において創作容易でない。

 

  1. コメント

参考図及び物品の説明にて、特徴が示されることによって、創作性が認められた。

画面デザインの形状や配置に創作性がない場合には、創作性を発生させるために画面デザインの用途や目的を特定することが重要であることが、この事例からわかる。

拒絶理由通知後の補正は要旨変更による却下を防ぐために限定的となるので、出願時にある程度特定する必要がある。

オタマルアール 商標

英語版はこちらWritten in English